水銀灯・蛍光灯の規制(LED照明へ交換)

水銀を含む照明が規制へ。御社でお使いの照明を無料調査いたします。

基準値を超えた水銀含有量の照明(水銀灯・蛍光灯)が規制対象に。
これを機に、照明のLED化はますます加速することとなりました。

御社でお使いの照明は大丈夫ですか?
エミヤでは御社の照明が規制対象かどうか、無料調査を承っております。

水銀灯・蛍光灯規制に関する無料調査

平成29年8月16日、水俣条約が発効されました

水銀による環境汚染を防止する「水銀に関する水俣条約」が締結されました。
世界129か国中、その約半数が調印し、平成29年8月16日に全世界で条約が発効されました。

発効されるとどうなる?

御社で今お使いの照明が、今後規制の対象となる可能性があります。

特に、一般企業様・施設様でよくご利用されている照明(水銀灯・蛍光灯)についても今回の規制対象となっておりますため、今後のご利用には注意が必要です。

規制対象となる照明

対象となる照明の1つとして、一般企業・施設でよく利用されている高照度照明(高圧水銀ランプ)が挙げられます。

高照度照明が使われている場所の例

札幌工場の高照度照明高圧水銀ランプをLEDへ交換工場札幌倉庫の高照度照明高圧水銀ランプをLEDへ交換倉庫札幌体育館の高照度照明高圧水銀ランプをLEDへ交換体育館公園の高照度照明高圧水銀ランプをLEDへ交換公園外灯の高照度照明高圧水銀ランプをLEDへ交換外灯

詳しい規制対象照明については、以下の通りです。

① 30W以下の一般照明用コンパクト蛍光ランプ(CFL)で、水銀封入量が5mgを超えるもの
  ※コンパクト蛍光ランプには電球型蛍光ランプも含みます

② 一般照明用直管蛍光ランプ(LFL)で、
 
・60W未満の3波長蛍光体を使用したもので、水銀封入量が5mgを超えるもの
  ・
40W以下のカルシウムハロ蛍光体を使用したもので、水銀封入量が10mgを超えるもの

③ 一般照明用の高圧水銀ランプ(HPMV)
  ※メタルハライドランプや高圧ナトリウムランプなどは含みません

④ 電子ディスプレイ用冷陰極蛍光ランプ(CCFL及びEEFL)で、
  ・長さが500mm以下の小サイズのもので、水銀封入量が3.5mgを超えるもの
  ・長さが500mmを超え、1,500mm以下の中サイズのもので、水銀封入量が5mgを超えるもの
  ・長さが1,500mmを超える大サイズのもので、水銀封入量が13mgを超えるもの

①30W以下の一般照明用コンパクト蛍光ランプ(CFL)で、水銀封入量が5mgを超えるもの
※コンパクト蛍光ランプには電球型蛍光ランプも含みます

②一般照明用直管蛍光ランプ(LFL)で、
・60W未満の3波長蛍光体を使用したもので、水銀封入量が5mgを超えるもの
40W以下のカルシウムハロ蛍光体を使用したもので、水銀封入量が10mgを超えるもの

③一般照明用の高圧水銀ランプ(HPMV)
 ※メタルハライドランプや高圧ナトリウムランプなどは含みません

④電子ディスプレイ用冷陰極蛍光ランプ(CCFL及びEEFL)で、
・長さが500mm以下の小サイズのもので、水銀封入量が3.5mgを超えるもの
・長さが500mmを超え、1,500mm以下の中サイズのもので、水銀封入量が5mgを超えるもの
・長さが1,500mmを超える大サイズのもので、水銀封入量が13mgを超えるもの

上に挙げた種類の照明については、製造・輸出・輸入が2020年度より禁止されることとなりました。

対象照明の販売・使用が禁止されるわけではありませんが、製造・輸出入が規制されてるということは、すなわちいずれは供給自体がなくなってしまうという事です。
これは、企業にとって今後置き換えていく照明について考えなくてはならない大きな課題と言えるでしょう。

規制を機に、更に普及が加速しているLED照明

政府は2020年までにすべての照明をLED製にすることを目標として掲げています。
また、その流れで各大手照明メーカーにおいても、数年前から蛍光灯の新製品の開発を止めているという事実の他、生産についても順次終了していく方針を明らかにしており、これによりLED照明の普及が更に高まっていきています。

今、企業・施設照明でLEDが選ばれる理由

1.弱点であった出力(照度)を克服

従来のLED照明は出力(照度)が不充分で、必要な範囲を十分な明るさで照らすことが難しいものがほとんどでした。
しかし近年、その弱点を解消し、LEDでありながら充分な明るさを持つ「高天井用LED照明」が普及してきました。

2.消費電力を1/3~1/4程度まで軽減

高圧水銀ランプに比べ、LED照明の消費電力は最大1/4程度にまで削減が可能。大幅なコスト削減へ繋がります。

3.圧倒的に長寿命

LED照明は他の照明に比べ交換サイクルが圧倒的に長く貯寿命。企業経営のカギとなるランニングコストに大きく差をつけます。

4.電子制御で使用環境に柔軟に対応

他の照明にはない電子制御を可能に。調光・調色、更にはゾーンコントロールで、必要な場所に必要なだけの明るさを。逆に、明かりの必要のない場所の明るさは抑えることで、無駄な消費電力をしっかりカット。更なる省エネに繋げます。

照明の電子制御シミュレーション!
3Dで自由自在な照明のご提案

工場・倉庫・駐車場・体育館・オフィス…etc
LED照明の導入事例はこちら

コストを削減しながら環境を守る

LED照明への置き換えによって、水銀による汚染から環境を守りながら、大幅なコスト削減と省エネを実現。
照明のLED化の恩恵はそれだけに留まらず、規制される商品を使用しない=企業の信頼の獲得へも繋がります。
企業照明・施設照明のLEDへの置き換えは、CSRの取り組みの一環と言っても過言ではないと考えます。

LED照明の導入・置き換え、照明のご相談はお気軽に

エミヤは照明のプロフェッショナル「照明士」が在籍!
現在の照明の調査から、LED照明のプランニング、コストシミュレーション、導入・設置、アフターフォローまで、エミヤが一貫して行います。
御社の照明が仮に規制対象でなくても、LED導入により、今以上にコスト削減が可能です。
照明のお困りごとは何でもご相談ください!

御社で今お使いの照明を今すぐチェック!
無料現地調査のご依頼

照明LED、省エネに関することなら何でも!
お問い合わせ・ご相談