LED照明だけを交換すればよいのですか?

照明器具も交換しなければいけない場合があります。

『水銀灯や蛍光灯、電球など、ランプだけを交換すればずっと使える』と思われている方、お気をつけください。
ランプ以外の照明器具も目に見えないだけで、劣化しています。

10年経てば黄信号、15年経ったら赤信号です。

  • 焦げ臭いにおいがする
  • ソケット部分が変色している
  • ランプが黒化している
  • 原因不明の故障の増加
  • ランプ交換回数の増加
  • ランプのちらつき増加
  • 焦げ臭いにおいがする
  • ソケット部分が変色している
  • ランプが黒化している
  • 原因不明の故障の増加
  • ランプ交換回数の増加
  • ランプのちらつき増加

これらの現象が起きている場合は安定器の寿命が間近の状態です。
最悪の場合は発火の危険性がありますので、早めに安定器の交換工事をおすすめします。

経年劣化による焦げ付き対策にLED照明へ交換

安定器が発する熱による
ラベル焦げ付き

経年劣化による焦げ付き対策にLED照明へ交換

焦げ付いた安定器の内部

経年劣化による焦げ付き対策にLED照明へ交換

発火した安定器