なぜ水銀灯・蛍光灯からLEDに換えないといけないのですか?

水銀灯・蛍光灯は「水銀に関する水俣条約」のもと、製造・輸出・輸入が2020年度より禁止になりました。
ですので、LED照明に交換せざるを得えないということになります。

各大手メーカーも水銀灯の生産を終了しています。

・三菱電機照明 ・日立グローバルライフソリューションズ ・GSユアサ など
 →2019年以前にすでに生産終了

・東芝ライラック
 →2020年3月までに生産終了予定

・パナソニック ・岩崎電気 ・ホタルクス
 →2020年6月までに生産終了または受注終了予定

・三菱電機照明・日立グローバルライフソリューションズ・GSユアサなど
 →2019年以前にすでに生産終了

・東芝ライラック
 →2020年3月までに生産終了予定

・パナソニック・岩崎電気・ホタルクス
 →2020年6月までに生産終了または受注終了予定

規制対象となる照明

対象となる照明の1つとして、一般企業・施設でよく利用されている高照度照明(高圧水銀ランプ)が挙げられます。

高照度照明が使われている場所の例

札幌工場の高照度照明高圧水銀ランプ(HID)をLEDへ交換工場札幌倉庫の高照度照明高圧水銀ランプ(HID)をLEDへ交換倉庫札幌体育館の高照度照明高圧水銀ランプ(HID)をLEDへ交換体育館公園の高照度照明高圧水銀ランプ(HID)をLEDへ交換公園外灯の高照度照明高圧水銀ランプ(HID)をLEDへ交換外灯

現在使用されている高照度照明(高圧水銀ランプ)に代わるLEDも取り扱っておりますので、
お気軽にご相談ください。

札幌エミヤホールディングスの提案内容を公開中!
LED省エネ提案

照明LED、省エネに関することなら何でも!
お問い合わせ・ご相談