15年前のキュービクルを交換(更新)すると省エネ効果はどのくらい変わりますか?

キュービクル式高電圧受電設備(以降、キュービクルとします)の耐用年数は10年~長くても20年と見られています。

御社で使われているキュービクルはおおよそ2000年(平成12年)くらいに導入したものですね。
かなり古いものになりますので、電力ロスが多く発生しているものと思われます。

最新式のキュービクルに交換(更新)すれば、15年前のキュービクルに比べ、およそ40%もの変換ロスが改善されます。

  1. 御社の現在の古いキュービクルの変換効率がどれくらいなのか
  2. 最新式のキュービクルにした場合にどれほどの変換ロスが改善されるのか
  3. 改善後、ランニングコストがどれくらい下がるのか
  4. 導入コストの回収が何年になるのか

これらを現地調査で明確にし、キュービクル交換(更新)の最適なプランニングをさせていただきます。

まずは、お問い合わせ、または無料現地調査のご依頼をお願いいたします。

 

キュービクルについて

キュービクルについて